ページの先頭です。

2013/08/22 09:26

連載

[週刊BCN 2013年08月12日付 Vol.1493 掲載]

<田中克己のIT業界ウォッチング ~大手ベンダーの新たな挑戦を追う>6.野村総合研究所 OSSに挑戦し続けた10年間

 OSS(オープンソースソフトウェア)の利用範囲がOSからミドルウェア、アプリケーションソフトまで広がっている。そこにいち早く対応したIT企業が、野村総合研究所(NRI)だ。OSS事業を本格的に立ち上げてから10年が経過した今、適用領域をERPへと広げようとしている。

著者プロフィール

田中 克己 Katsumi Tanaka(ITジャーナリスト)

 日経BP社で『日経コンピュータ』副編集長、『日経システムプロバイダ』編集長などを歴任した後、2010年1月からフリーのITジャーナリストとしてエンタープライズIT分野で取材・執筆活動を続ける。主な著書に『IT産業崩壊の危機─模索する再生への道のり』『IT産業再生の針路 破壊的イノベーションの時代へ~』(ともに日経BP社)がある。

OSSの適用範囲を拡大

 NRIには、OSSビジネスの先駆的な事例が2002年にあった。あるオンライン証券会社向けのオンライントレードシステムを、100台ほどのLinuxサーバーで構築したケースだ。NRIはこのプロジェクトが成功したことをきっかけとして、OSSの専門組織を設置して、各事業部門が手がけるOSSベースのシステム開発の支援を開始した。運用や保守をサポートしながら、OSSの社内普及活動にも取り組んだ。

 そうしたなかで、ユーザーやIT企業がOSSベースのシステムを構築するにあたり、サポートを依頼されるケースが増えてきた。OSSビジネスの可能性を確信したNRIは、06年、OSSのサポートサービスを「OpenStandia」という名称をつけて発売。OSSの適用領域も、OSからアプリケーションサーバーやデータベースなどのミドルウェアまで広げた。時が経つにつれて、利用するOSSは上位レイヤ(アプリケーション)に向く。08年頃になると、シングルサインオンやポータル(情報共有)、ID管理、BI・レポーティングなどのアプリケーション、12年になるとCRMやERPなどへと拡大してきた。そして、NRIのOSS関連売り上げは、年2ケタの率で伸び続けた。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)