ページの先頭です。

2012/08/02 09:20

[週刊BCN 2012年07月30日付 Vol.1442 掲載]

Special Issue

<HAクラスタ座談会>拡大続くHAクラスタ市場 Linuxの成長が市場拡大に貢献 (1/3)

 IAサーバーの性能が急速に向上していることと、Linuxに代表されるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用が進む状況にあって、基幹システムを低コストで構築することができるようになった。当然ながら、基幹システムには、堅牢で安定したミッションクリティカルなシステムであることが要求される。また、仮想化の導入が進み、システム環境がより複雑化するなかで、高可用性(HA=High Availability)を担保できるソリューションが求められている。そこで、HAクラスタ製品を提供する主要メーカー3社に、HAクラスタ市場の現状と今後の方向性、販売戦略やキーワードなどをたずねた。

(左から)NEC 第一ITソフトウェア事業部 マネージャー(CLUSTERPRO X) 船田泰伸 氏、シマンテック セールスエンジニアリング本部 ストレージ&クラスター製品担当 主幹技師 星野隆義 氏、サイオステクノロジー 事業継続ビジネス統括補佐 永田雅也 氏

NEC
船田泰伸 氏
第一ITソフトウェア事業部 マネージャー
(CLUSTERPRO X)

サイオステクノロジー
永田雅也 氏
事業継続ビジネス統括補佐

シマンテック
星野隆義 氏
セールスエンジニアリング本部 ストレージ&クラスター製品担当 主幹技師

司会・進行/佐相彰彦 写真/横関一浩



Linuxの成長に伴いHAクラスタ市場も拡大

──まずは、HAクラスタ市場の現状についてうかがいますが、以前と比べて市場に変化はみられますか。

船田(NEC)
 ひと昔前とは様変わりしました。大昔はメインフレームからUNIXへのダウンサイジングに関する案件が中心だったのが、2000年を越えた頃からLinux市場の成長で、さまざまなお客様の案件が出てきています。市場全体のすそ野が拡大しており、中堅・中小企業の案件もかなり増加しています。

星野(シマンテック) Linux向けHAクラスタの導入は増えています。一方で、UNIX向けの導入は減少しています。また、事業継続計画(BCP)の一環で大企業が従来のHAクラスタの強化を図るという動きもあります。つまり、遠隔地にバックアップサイトを用意して、災害対策用HAクラスタ構成にするケースです。この動きは、東日本大震災を境に増えています。

永田(サイオス) 船田さん、星野さんのお二人がおっしゃるように、Linuxでミッションクリティカルなシステムを構築する案件が増加したことで、さまざまなニーズが出てきています。ではなぜ、Linuxでミッションクリティカルなシステムの構築が増加しているのかといえば、IAサーバーのパフォーマンスが向上し、今までUNIX上で稼働していたシステムがIAサーバー+Linuxでもそのシステム要件を十分に満たせるようになったことが大きいですね。実際、金融・製造といった業種でもLinuxでのシステム構築が目立っており、わずかな時間でも止めることができないシステムが増え、高いサービスレベルが求められるようになっています。また、仮想化環境における可用性の向上が、以前に比べて重要性を増しています。

船田(NEC) 企業規模に関係なく、それがお客様から預かったサービスを稼働させているシステムであれば、止めることができない。つまり、HAの要件が求められているのです。企業規模ではなく、今はそれぞれのシステムで行っている内容が重要であり、お客様と接点のあるシステムは高い可用性を担保するのがあたりまえになってきているのです。

星野(シマンテック) 中小企業でも自社のウェブサイトを運用し、ECなどサイトを通じて取引することは決して珍しくありません。だからこそ、サイトが簡単に落ちたりすれば、ユーザーの信頼を失い、ビジネス機会を大きく損ねてしまいます。そこでHAの要件が求められるわけです。

NEC
船田泰伸 氏


[profile]
「CLUSTERPRO」の製品担当。2002年より製品部隊の中でプロモーションを担当しており、多くの商談の場にも立ち会ってきた。NECでは販売パートナー様向け技術者認定制度を展開しており今年2月よりCLUSTERPROのコースが新設された。今年度はパートナー強化の一環として、とくに地方に出向いてSEの育成に注力している。
 販売店様・パートナー様にとってこれが絶対という販売方法はありません。だからこそ、セミナーなどを通じて、HAクラスタをより詳しく知っていただき、扱いに慣れてもらうことが大切だと考えます。

船田氏(NEC)



■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)