ページの先頭です。

2012/11/14 16:50

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

Special Issue

<Windows Server 2012 特集>日立製作所 総合ITベンダーの強みを前面に 「Windows Server 2012」に最適なサービス

 日立製作所(以下、日立)は、サーバー、ストレージ、ミドルウェアなどITプラットフォームを総合的に揃えている。これを強みに、「Windows Server 2012」に対応した最適なシステム・サービスを創造しようとしている。日本マイクロソフトとの長年にわたる協業体制の下、新OSのリリースに先立って早期評価を進めている。ビッグデータを利活用し社会イノベーションを実現する「One Platform for All Data」をビジョンとして掲げ、クラウド環境をトータルにサポートしている同社が「Windows Server 2012」をベースに先進的なソリューションを提供していくものとして期待がかかる。

「Windows Server 2012」の早期検証と日立の新ソリューション

多田公昭
ITプラットフォーム事業本部
主任技師
 日立と日本マイクロソフトの協業は、OEMアライアンスを締結した1990年に端を発する。95年に、Windows Serverのソリューション分野で協業。その後、「日立-マイクロソフト共同検証センター」を設置して、新技術対応検証とITライフサイクル検証に力を注いでいる。

 「Windows Server 2012」についても、この検証センターを中心に、日本マイクロソフトと共同で検証。ITプラットフォーム事業本部統合プラットフォーム販売推進本部オープンプラットフォーム技術支援部の多田公昭主任技師は、「当社の高信頼プラットフォーム製品と『Windows Server 2012』の組み合わせは、プライベートクラウドを導入するお客様に最適なソリューションが提供できる」と説明する。

 具体的に早期検証を行った「Windows Server 2012」の新機能の一つ「Hyper-Vレプリカ」とは、Hyper-V上の仮想マシンを別のHyper-Vホスト上にネットワーク経由でレプリケーションすることのできる注目の新機能だ。同部の柿間滋技師は、「地理的に離れた拠点に仮想マシンを高速にレプリケーションすることができ、災害や障害対策として非常に有効。フェールオーバーオプション等の基本機能も充実しており、低コストで導入可能であることもお客様にとってメリットが大きい」と評価している。日立は検証用ハードウェアに、ブレードサーバー「BladeSymphony」とストレージ製品を利用し「新機能を実際にシステム運用する際の課題の分析と、メリットを最大限に活用するための知見の集積に努めている」とのことだ。

 また、ソリューションについては、日立のストレージ製品と「Windows Server 2012」によりバックアップ作業時の性能影響を極小化する「バックアップソリューション」、日立製x86サーバーと「Windows Server 2012」で予め仮想化環境を構築して届ける「かんたん仮想化ソリューション」によってユーザー企業による仮想環境の早期導入を実現する。どちらのソリューションも、年内をめどに提供を開始する予定だ。

日立プラットフォームの強みとワンストップ対応のサポート

柿間滋
ITプラットフォーム事業本部 技師
 日立ならではのプラットフォームの強みは、ブレードサーバー「BladeSymphony」で実現する、ハードウェアベースのサーバー論理分割機構「Virtage(バタージュ)」だ。

 「Virtage」は、重要な業務に優先的にリソースを割り当てることも容易で、高い信頼性が求められるミッション・クリティカル領域やクラウド基盤での実績も多い。高信頼性でかつ柔軟性の求められる現在において「Virtage」と 「Windows Server 2012 Hyper-V」の適材適所な使い分けにより、新たなソリューションを創造することができる。

 また、サーバーやストレージ機器などハードウェアに加えて、統合システム運用管理ソフト「JP1」などミドルウェアでもWindows Serverをサポートしているが、ユーザー企業からの問い合わせ窓口を一つにして、ハードウェアとソフトウェアのサポートチームがさまざまな角度で連携し、多面的に問題を解決する「日立サポート360」を提供している点も、ユーザー企業にとってメリットが大きい。「お客様のなかには、想定外のトラブルが発生するケースもある」と、多田主任技師は打ち明ける。総合ベンダーだからこそ、ハードウェアとソフトウェアをワンストップで対応できるサポート体制を可能としているのだ。

 このようにクラウド基盤をトータルにサポートする日立では、「One Platform for All Data」のビジョンの下、ビッグデータの利活用による社会イノベーションの実現をめざし、プラットフォームの基本性能向上に日々取り組んでいる。

日立製作所のサポートサービス

(写真/津島隆雄)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)