ページの先頭です。

2012/11/15 18:40

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

Special Issue

<Windows Server 2012 特集>富士通マーケティング 「Hyper-Vレプリカ」とクラウドを連携 国内初のバックアップソリューションをSMBに提案

 富士通マーケティング(FJM)は、2012年12月、中堅・中小企業(SMB)向け事業継続ソリューション「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」の提供を開始する。SMBに高く評価されているアプライアンス型ITインフラソリューション「AZBOX」の新サービスとしてリリースしたもので、SMBの事業継続計画(BCP)立案・推進をサポートする。「Windows Server 2012」との連携によって顧客ニーズに応える同ソリューションの戦略について、担当部門のキーパーソンに話を聞いた。

レプリケーション先をクラウドに

 「事業継続計画(BCP)を実施するためのシステムは、大企業を中心に導入されてきた。SMBにとって、BCPは『難しい』『実現するために多額の費用が必要』というイメージが強い。しかし、サプライチェーンの一翼を担うSMBも、BCPはもはや必須の状況となっている」と、システム本部AZSERVICE事業部の有滝和貴・AZSERVICE企画管理部担当部長は説明する。FJMでは、SMB向けBCPソリューションの一つとして、今回新たに「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」を企画し、提供を開始した。ターゲットのユーザー企業は、「スタッフ数が100~500人のSMB」(システム本部の村松直岐AZSERVICE事業部長)である。

 「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」のサービスメニューは、「クラウドバックアップサービス」と「レプリカ保存サービス」の二つだ。クラウドバックアップサービスは、「Windows Server 2012」に標準搭載されたクラウドバックアップ機能を活用して、VHDファイルを同社のクラウドサービス「AZCLOUD IaaS」上に自動バックアップするもの。一方、レプリカ保存サービスは、「Windows Server 2012」の注目機能「Hyper-Vレプリカ」と連携するサービスだ。システムの複製を定期的に自動作成して、閉域VPN(仮想私設網)経由で、AZCLOUD IaaS上に保存。レプリケーション先をクラウドに指定することで、データをすばやく復旧することもできる。

 「『AZBOX 簡単事業継続ソリューション』のバックグラウンドには、AZBOXとAZCLOUD、そして、『AZNETWORK』『AZSUPPORT』という当社が提供するSMB向けに提供する各ソリューションの技術とノウハウが詰まっている。これらに、『Windows Server 2012』のレプリカ機能を連携させたのが、『AZBOX 簡単事業継続ソリューション』で、国内初のバックアップソリューションといえる。『Windows Server 2012』と連携することによって、競争力はさらに増した」と、ビジネスパートナー本部の菊地徹・AZSERVICE推進統括部統括部長は期待している。

(写真左から)有滝和貴 担当部長、村松直岐 事業部長、菊地 徹 統括部長

短時間復旧と低コストがメリット

 「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」の導入効果について、有滝部長は「データの復旧時間と運用コストという二つの点でメリットがある」と強調する。

 データ復旧に関しては、テープバックアップよりも圧倒的に短い時間で完了するのが特徴だ。「テープからのバックアップは1時間以上かかるケースがほとんどだが、レプリカ保存サービスの場合は、5分もあれば復旧できる」と有滝部長は自信をみせる。運用コストについては、「オンプレミス環境に比べて、およそ3分の1のコストで構築することができる」と有滝部長は続ける。オンプレミス環境でバックアップ環境を構築するためには、テープライブラリなどが必要なうえ、信頼性を高めるために、クラスタ構成などを組む必要もある。多額の費用が必要になるので、SMBにとっては敷居が高いというのが実情だ。

 しかし、「AZBOX 簡単事業継続ソリューション」は、クラウドバックアップサービスが月額6980円から、レプリカ保存サービスが月額7万9800円からの料金で利用することができるので、コストパフォーマンスが非常に高い。また、仮想化やバックアップに関する専門知識が不要なため、IT専任者がいないSMBでも、運用コストを抑えられる。「ファイルサーバーなど、復旧を急がないデータは、クラウドバックアップサービスを活用し、重要度の高い販売管理や受発注システムのデータなどは、レプリカ保存サービスを活用するという選択が可能。お客様にはシステム運用とコストのバランスをみながらサービスを選んでいただける」と、有滝部長は述べる。

 最後に菊地部長は、「Windows Server 2012」への期待と今後の戦略についてこう語った。「『Windows Server 2012』は、“The Cloud OS”という明確なメッセージがあって、私たちのようなパートナーは、ユーザーに提案しやすい。当社は、AZSERVICEのノウハウを生かし、仮想化技術によってクラウドへ簡単にレプリケーションすることができる点をアピールする。訴求ポイントが明確になったことで、潜在的なニーズを掘り起こすことができるだろう」。

 SMBのBCP支援というニーズに対して、「Windows Server 2012」を活用した提案を進めるFJM。今後のビジネス展開にますます拍車がかかることは間違いない。

AZBOX 簡単事業継続ソリューション

(写真/津島隆雄)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)