ページの先頭です。

2012/11/16 17:00

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

Special Issue

<Windows Server 2012 特集>オービックビジネスコンサルタント 画期的な新技術に対応する力を発揮 新OSの特徴を生かした新製品を投入

 マイクロソフト製品を活用した製品・ソリューションの提供をコアコンピタンスに掲げるオービックビジネスコンサルタント(OBC)。同社は、マイクロソフトが新OSをリリースするたびに、それに対応する製品を早々に投入してきた。今回も同じで、「Windows Server 2012」と「Windows 8」をすでにサポートしている。今回はそれだけでなく、タッチ操作などのWindows 8が提供する新しい操作方法を取り入れた「奉行V ERP8」「奉行i8シリーズ」も発表した。

Hyper-Vの機能強化を高く評価

日野和麻呂
開発本部ICTセンター
部長
 「『Windows Server 2012』は、『Windows Server 2008』が登場した時に比べて新たに搭載した機能の数は少ないかもしれない。しかし、Hyper-Vが大幅に機能強化されるなど、クラウド時代に合わせた進化を遂げた」と、開発本部ICTセンターの日野和麻呂部長は、評価する。

 OBCでは、仮想化については早くから対応を進め、最近はグループ企業の会計システムを統一するためにOBCの製品を導入したユーザーの事例が目立つようになった。また、中堅規模以下の企業にも仮想化システムでのOBC製品の導入が進んでいるという。日野部長は、「(仮想化は)今では特別なものではなくなって、導入があたりまえの技術になってきた。Windows Server 2012が登場したことによって、仮想化はもっと進むだろう」とみており、中堅・中小企業(SMB)への仮想化技術の浸透を疑っていない。

 OBCは、マイクロソフトの技術・製品を活用したソリューションを以前からコアコンピタンスに掲げている。これまでは仮想環境で製品の導入を望むユーザーに対して、Hyper-Vか、ヴイエムウェアの製品かを提案していたが、「Windows Server 2012でHyper-Vの機能が拡張されたことで、Hyper-Vを強く推奨できるようになった」(日野部長)という。「今後は、マイクロソフト製品で一貫したソリューションを提供することができる。運用を考えると、同じメーカーで統一したほうが障害からの復旧が早く、ユーザーに対して安心感も与えられる。これは単なるスペックでは測ることができない大きなメリットだ」と、日野部長は強調する。

 同社では、10月に開始したクラウド環境で奉行シリーズの運用をサポートする「OBCクラウド運用サービス」でも、近くWindows Server 2012に対応する予定だ。

「Windows 8」対応の「奉行V ERP8」「奉行i8シリーズ」

西 英伸
営業本部マーケティング推進室
室長
 OBCでは、「Windows Server 2012」だけでなく、「Windows 8」にも早々に対応し、このほど製品ラインアップを拡充した。Windows 8対応版の中小企業向け基幹業務システム「奉行i8シリーズ」、中堅・成長企業向けERPパッケージ「奉行V ERP8」を11月26日に同時に発売した。

 営業本部の西英伸・マーケティング推進室室長は、「どの業務ソフトベンダーよりも、いち早くWindows 8に対応したということが、当社がマイクロソフトのテクノロジーにコミットしている現れ。もちろん、推奨のサーバー環境はWindows Server 2012だ。『奉行i8シリーズ』は、単に新OSに対応しただけでなく、タッチ操作など、Windows 8が提供する新しい操作性を取り入れて、基幹業務の情報の参照・活用をしやすくした。とくに、タブレット端末やUltrabookなど、新しいデバイスにおける検証にあたっては、マイクロソフトの技術協力を得て万全の開発体制を敷いた」と、力を込めて話す。

 奉行V ERP8、奉行i8シリーズの投入に際して、OBCでは「情報型ワークスタイルの促進」をアピールする。「いつでも・どこでも」安全で容易に情報を可視化することで、従来の利用者だけでなく、経営層や営業などで新たな情報の利活用が促進されると予想しているためだ。例えば、紙文書を使わずタブレット端末の画面を見ながら、最新の財務や販売状況の確認、月次報告を行う会議が可能になる。また、倉庫現場での棚卸、受注前の在庫参照などの参照も容易になる。

 こうしたビジネスシーンを想定し、タブレット端末などに適応される参照専用ライセンスを新たに用意した。「これまでタブレット端末などのデバイスの活用は、情報の参照とデータ入力が中心だったが、これを業務ソフトベンダーとして一歩先の提案をして、情報の分析にまで広げていきたい」と、西室長は語る。

 OBCでは現在、「奉行体感フェア」を全国で開催しており、12月からは「奉行i8シリーズ」を中心としたセミナーや展示を開始。来年3月までに100以上のイベントを開催予定で、新OSと連携することで実現するOBCの最新ソリューションを告知する予定だ。

「Windows 8」に対応した新製品「奉行i8シリーズ」

(写真/勝山弘一)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)