ページの先頭です。

2012/11/19 17:25

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

Special Issue

<Windows Server 2012 特集>シマンテック 物理/仮想の両面でWindowsを守る 仮想環境で“性能”と“保護”の両立を実現する

 シマンテックは、データのバックアップとセキュリティの両分野で、豊富な製品・サービスをもつ。「Hyper-V」で構築した仮想システムのバックアップを共同検証するなど、マイクロソフトと強固な協業体制をとっており、製品面でWindowsとの親和性はかなり高い。「Windows Server 2012」の発売を歓迎し、特に「Symantec Backup Exec 2012」と「Symantec Endpoint Protection 12 RU2」の販売に弾みがつくとみている。

Windowsと相性がいいバックアップ製品

浅野百絵果
プロダクトマーケティング
マネージャ
 「Symantec Backup Exec 2012」は、Windowsシステムのバックアップに最適化したソフトウェアで、初期版は1996年に発売された。過去には「Windows NT」のバックアップの標準機能として採用されたこともあり、Windowsベースのバックアップ製品として定評がある。特徴を表すキーワードは三つ。「ユーザーインターフェース(UI)」「柔軟なリカバリ機能」「仮想環境への対応」だ。

 UIは、「Office」が採用する「リボン」という、一つのタブにコマンドを整理して表示する仕組みを採用、Windowsに慣れ親しんだユーザーが迷わず操作できるよう工夫されている。リカバリ機能は、サーバー全体のバックアップデータを元のハードウェアに戻すことができるだけでなく、異なるハードにリカバリすることも可能だ。「Simplified Disaster Recovery(SDR)」は、「『Symantec Backup Exec 2012』にしかない機能で、コストをかけずにDR環境を構築できる」(プロダクトマーケティング部の浅野百絵果・プロダクトマーケティングマネージャ)。バックアップデータを仮想マシンに変換し、サーバーに障害が発生した時、予備システムを構築していなくても、既存の仮想環境にリカバリすることもできる。特に仮想環境のバックアップ・リカバリでは、一部のデータだけなど、細かい単位でリカバリができるのが利点だ。仮想マシン全体やフォルダ、ファイル単位でリカバリする領域を選ぶことができるだけでなく、マイクロソフトのメールシステム「Exchange」のメールを1通だけリカバリすることも可能だ。また、物理/仮想環境を統合したバックアップ運用も可能なため、よりシンプルなシステム構築を実現可能にする。

仮想環境に最適なセキュリティソフト

広瀬努
プロダクトマーケティング
マネージャ
 セキュリティ関連製品・サービスで、Windows Server 2012の登場によって注目を集めそうなのが、統合セキュリティソフトの「Symantec Endpoint Protection」だ。2012年12月に提供開始が予定されているSymantec Endpoint Protection12 RU2ではWindows Server 2012/Windows 8にも対応する。

 仮想化したシステムには物理システムとは違うリスクや課題がある。例えば、仮想環境特有なAVストームなどの性能課題などだ。Symantec Endpoint Protection 12では、仮想マシン間でのランダムスキャンによるAVストーム防止策や、「Shared Insight Cache」という機能を活用することでスキャンによるパフォーマンスの低下とスキャン時間の圧縮を実現する。Shared Insight Cacheは、1台の仮想システムで実施したスキャンのデータを、ほかの仮想マシンでも利用することで処理と時間を圧縮する技術。プロダクトマーケティング部の広瀬努・プロダクトマーケティングマネージャは、「文具メーカーのサクラクレパス様のテスト結果では、スキャン時間を従来の約1時間半からわずか10分に短縮した例もある」と 、ユーザーの成功事例を引き合いに出して、その効果をアピールしている。Symantec Endpoint Protection 12では物理/仮想環境問わずに、サーバーや端末を一元管理してセキュリティ対策を施すことができる点もメリットになるだろう。

 パートナーの評価も上々だ。SIerの富士通マーケティング(FJM)は、中堅・中小企業(SMB)向けのアプライアンス型仮想化ソリューション「AZBOX Hyper-Vモデル」のセキュリティ対策ツールとしてSymantec Endpoint Protection を採用した。FJMのビジネスパートナー本部の菊池徹・AZSERVICE推進統括部統括部長は、「SMBはシステム管理者が不足しており、セキュリティ対策がおろそかになりがち。Symantec Endpoint Protectionを利用することで、簡単に素早く、低コストで強固なセキュリティ対策を施すことができるので、ユーザーに提案しやすい」と評価する。

 バックアップとセキュリティという両ジャンルでWindowsと仮想環境にマッチした製品を開発・販売するシマンテック。バックアップシステムの構築と、セキュリティは必須の対策だけに、新サーバーOSの登場でシマンテックの強さがさらに際立ちそうだ。

性能も保護レベルも落とさない仮想化の実現を目指す

(写真/横関一浩)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)