ページの先頭です。

2012/11/19 17:50

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

Special Issue

<Windows Server 2012 特集>「Windows Server Essentials」登場 日本マイクロソフトのマーケッターと販社に聞く――日本マイクロソフト 安価・シンプル・使いやすいを特色とする新版

 日本マイクロソフトは、これまで提供してきた「Windows Small Business Server(SBS) Essentials」の新版を、「Windows Server 2012 Essentials」に名称を変更して発売した。「Windows Server 2012」の基本機能だけを搭載したシンプルな構成の小規模企業向けサーバーOSで、サーバープラットフォームビジネス本部Windows Server製品部の藤本浩司マネージャーが、「ユーザーは使いやすく、販売パートナーは手離れがよく、売りやすい」と自信を示す戦略商品だ。藤本マネージャーにその特色を聞いた。

ユーザーの利便性とSIerの手間軽減を両立

日本マイクロソフト
藤本浩司
サーバープラットフォームビジネス本部
Windows Server製品部マネージャー
 日本マイクロソフトは、11月1日、小規模企業向けのサーバーOS「Windows Server 2012 Essentials」の販売を開始した。以前から提供している「Windows Small Business Server (SBS)2008」の新バージョンだ。

 SBS 2008は、「Windows Server」と同じサーバーOSではあるものの、ソフトウェアの構造が違う。そのため、Windows Serverの上で動作しているアプリケーションソフトでもSBS 2008で動くとは限らず、個別にアプリケーションの動作検証を行う必要があった。しかし、今回のWindows Server 2012 Essentialsは、Windows Serverと同じ構造で、「Windows Serverの『Standard』『Datacenter』版で動作すれば、Windows Server 2012 Essentialsでも動く」(藤本マネージャー)。評価・検証する時間と手間を大幅に削減することができる。パートナーは、従来よりも手間いらずでユーザー企業に販売できるというわけだ。

 Windows Server 2012 Essentialsでは、最大25人まで、デバイス数では50台までの利用に適した小規模向けサーバーで、SBS 2008よりも搭載する機能をあえて少なくしている。その理由について藤本マネージャーは、「SBS 2008では、パートナーが、多くの機能について問い合わせに対応する必要があって、サポートの手間を増大させていた」と話している。そのうえで「SBS 2008では、小規模企業が初めて使うサーバーという位置づけで、『Exchange』など、複数の機能を搭載していたが、Windows Server 2012 Essentialsではサーバー運用に必要な機能だけに搭載するものを絞った」と説明している。

機能を厳選して使いやすさを追求

「Windows Server Essentials」のパッケージ

 最低限必要な機能の搭載にこだわったWindows Server 2012 Essentials。そのなかでも、藤本マネージャーが「ユーザーにぜひ使ってもらいたい機能」とアピールするのが、「ダッシュボード機能」と「バックアップ機能」、そして「リモートウェブアクセス機能」だ。

 サーバーの運用状況や制御を行うための中枢機能であるダッシュボードでは、サーバーの導入・運用に詳しくないユーザーでも、簡単に取り扱うことができるように、わかりやすい操作画面を用意している。バックアップでは、日単位での自動バックアップのほか、クライアント端末ごとにバックアップデータを作成する頻度や範囲を細かく設定することができる。

 一方、リモートウェブアクセス機能では、インターネット回線に接続されている環境であれば、場所やデバイスを問わず、サーバーにアクセスすることができる。ファイルは、オフラインアクセス用に自動的にキャッシュされ、サーバーに接続できる環境に入ると自動的に同期を行うのも特徴。このほか、クライアント端末の最新OS「Windows 8」もサポートしており、サーバーとクライアント端末を最新環境に一気に変えることも可能だ。

 価格は25ユーザーまでで8万1700円。藤本マネージャーは「10万円以下でファイルをインターネットを通じて複数人が共有することができて、バックアップ環境も構築することができる。そして何よりもシンプルで使いやすい。サーバーを導入したことがない小規模事業者には、自信をもって提供できる。パートナーにとっても、手離れがいいので、売りやすいはず。価格は安いので、Windows Server 2012 Essentialsビジネスでは儲からないかもしれないが、これをドアノックツールにしてユーザーとの関係を築き、販売拡大につなげてほしい」と勧めている。



簡単な操作でデータをバックアップすることができる

(写真/横関一浩)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)