ページの先頭です。

2013/12/12 09:20

[週刊BCN 2013年12月09日付 Vol.1509 掲載]

Special Issue

<BCN Conference 2013>日本マイクロソフト 「Office 365」でワークスタイル変革を提案 パートナーのニーズに応える二つのプログラム

 「BCN Conference 2013」北九州会場、広島会場では、日本マイクロソフトSMBマーケティング本部の川瀬透エグゼクティブマーケティングスペシャリストが登場し、「Windows XP/Office 2003 サポート終了に伴う最新デスクトップ環境移行のご提案」と題して講演。「Windows XP」と「Office 2003」の移行に関する最新の動向や、クラウドサービス「Office 365」を利用するメリット、パートナープログラムなどについて説明した。

幅広い案件に対応する「Office 365」

SMBマーケティング本部
川瀬透
エグゼクティブ
マーケティングスペシャリスト
 冒頭、川瀬氏は2014年4月9日にサポートが終了する「Windows XP」からのPC環境の移行に関する最新動向を紹介。「今年の4月から9月の間に約350万台の『XP』の移行が進んだ。SMB(中堅・中小企業)を対象とする最新調査では97%がサポート切れを認知している状況で、すでに販売パートナーのビジネスに大きな成果を出している」とした。

 一方、14年4月9日には「Office 2003」のサポートも終了する。OSを移行したとしても、Officeの刷新を残してしまえば、ユーザー企業はサポート終了後にセキュリティ上の問題を抱えてしまうことになる。川瀬氏は、「SMBの『XP』ユーザーのうち、56%がいまだに『Office 2003』のみを利用している。XP同様のセキュリティリスクがあるので、『XP』と同時に『Office』も最新の環境に移行してほしい」と警鐘を鳴らした。

 移行先としては、オンプレミス版「Office 2013」とクラウドサービス「Office 365」が選択肢としてあるが、日本マイクロソフトでは、モビリティに強い最新OS「Windows 8(8.1)」を最大限に活用できる「Office 365」を推奨している。「Office 365」では、「Word」や「Excel」、「PowerPoint」などの従来のツールに加えて、オンライン会議の「Lync Online」、電子メールとスケジュール共有を実現する「Exchange Online」、SkyDrive Proを含むファイル共有の仕組みを提供する「SharePoint Online」などの機能を提供。さらに、デスクトップ上にインストールして使用する「Office デスクトップアプリケーション」は、常に最新の状態にアップデートされ、ウェブブラウザさえあれば利用できる「Office Web Apps」は、マルチデバイスに対応している。ユーザーは、いつでもどこでもOfficeを使用することができ、1ユーザーあたり5デバイスまでインストールできることも魅力となっている。川瀬氏は、「商談時には、『Lync Online』や『SkyDrive Pro』などのグループウェア機能を付加価値としてアピールすることで、IT企業は、単なる『Office』の入れ替え案件としてではなく、グループウェアの案件として、ビジネスのボリュームを拡大することができる」と効果的な提案方法を提示した。

手厚い支援が魅力のパートナープログラム

 その後、「Office 365」の販売パートナープログラムを紹介。プログラムは、マイクロソフトの認定ディストリビュータとリセラー契約を結び、仕入販売をすることで、パートナーが営業収益として計上することができる「Office 365 Open」と、日本マイクロソフトとクラウド製品に特化したパートナー契約を結び、「Office 365」をユーザー企業に紹介した際に手数料を受け取る「オンライン サービス パートナー(MOSPA)」の2種類がある。パートナー企業は、マイクロソフトのクラウド製品のライセンスや、営業・技術に関するトレーニングの無償提供を受けることができる。川瀬氏は、「二つのパートナープログラムは、ストックかフローかという点で大きく違う。『Office 365 Open』は、従来通りの一括販売なので、フロービジネス。これに対して、『MOSPA』は、月次・年次更新で契約がずっと続くので、ストックビジネスとなる」と説明した。

 また、さらなる販売力の強化として「マイクロソフトパートナーネットワーク」の「Small Businessコンピテンシー」を紹介。SMB向けに販売実績をもつパートナーを対象とするプログラムで、日本マイクロソフトから認証を得ると、オンプレミスとクラウドの両製品の社内利用ライセンスや、日本マイクロソフトのコンサルタントによる電話支援、ウェブサイトでの紹介を受けることができる。

 最後に川瀬氏は、「販売パートナー様には、『Windows XP』/『Office 2003』サポート切れ案件に対して『Office 365』によるシステムのクラウド化を提案してもらい、新しいビジネスの形を創出していただきたい」とアピールしてセッションを締めくくった。


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)