ページの先頭です。

2013/12/12 09:21

[週刊BCN 2013年12月09日付 Vol.1509 掲載]

Special Issue

<BCN Conference 2013>データ・アプリケーション 複雑・広域化するデータ連携 求められるサプライチェーン全体の可視化

 「BCN Conference 2013」広島会場、仙台会場のセッションでは、データ・アプリケーション(DAL)が登場した。「“部分最適”から“全体最適”の提案に変わる EDI視点で俯瞰するデータ連携の現状・課題と解決策」と題し、広島では営業本部 セールスコンサルグループ グループマネージャーの西川茂彦氏が、仙台では営業本部 セールスコンサルグループ コンサルタントの中井基雄氏が講演。データの連携先や対象データの拡大が見込まれる近未来のデータ連携のあるべき姿について説いた。

データ連携の問題点 従来型EDI/EAIは限界に

営業本部
セールスコンサルグループ
西川茂彦
グループマネージャー
 広島でのセッションの冒頭、西川氏は、データ連携の現状について説明した。

 従来型EDIについては、「全銀(全国銀行協会連合会)/JCA(日本チェーンストア協会)手順では、モデムの調達が難しくなっている。また、NTTは2025年にPSTN(公衆交換電話網)を廃止する。従来型EDIは、多様なデータ形式にも、インターネットにも対応していない」と、限界が近づいていることを説いた。Web-EDIについては、「自社オンラインと取引先オンラインの融合が進んでおり、リアルタイムの相互データ取引が増えている。一方、受注側が年間で一相手先あたり150万円程度のコストを強いられるケースが多い。発注側は、受注側のコストや苦労を考慮することはないが、受注側は、発注側のお客様にあわせてWeb-EDIの仕組みを構築しなければならない。とくに流通業では問題となっていて、平日だけでなく、土日や年末年始、お盆でもデータ受信に追われている受注側の企業は多い」と問題点を指摘した。一方、企業内のデータ連携(EAI)については、「受注、設計、生産、在庫、販売など、各業務システムが個々に独立していて、インフラを担うミドルウェアがすべて別製品で構成されている。そのため、システムの構成は複雑化している」とした。

 仙台のセッションでは、中井氏がデータ連携の進化について、「企業間・企業内のデータはシームレスに連携し、受発注から出荷、支払・請求といった一連の流れが、切れ目なくつながっている企業が増えてきた」と説明。データの連携先については、2次請けや3次請けまでの情報連携を行う企業や、素形材産業から製品のサポート産業までを含んだ業界横断型のデータ連携を進めている企業が増えてきていることを挙げた。データの対象については、「画像や図面、音楽、電子書籍、生産進捗、荷物の追跡、材料・成分情報、原産地証明など多様化している」とした。


柔軟にデータ連携できる環境が必要

営業本部
セールスコンサルグループ
中井基雄
コンサルタント
 こうした視点を踏まえ、セッションの後半ではデータ連携の将来について説明。中井氏は、「従来型EDI、次世代EDI、Web-EDIの共存と統合を実現し、利用ユーザーが自由に選択できるような環境をつくることがSIerの腕の見せどころ」と、SIerへの期待感を述べた。リアルタイムでのデータ連携の重要性については、「問題なく見えるシステム間の定間隔バッチ連携でも、数多く重なったり、どれか一つの時間間隔が長かったりすると、その誤差は最も悪いほうに合わされてしまう。それを避けるためには、バッチ連携ではなく、準リアルタイムの連携が必要だ」とした。さらに、クラウドとの連携については、「今後、クラウドへの移行が進むと予想されているが、自社のシステムがすべてクラウドで稼動するとは限らない。自社に残るシステムとの緊密かつシームレスな連携環境もつくっておくことが重要だ」と指摘した。

 データ連携のあり方について、西川氏は、「これまで企業間データ交換を『EDI』、企業内データ連携を『EAI』と区別して管理してきたが、これからのデータ連携は、こうした概念では対応できない。今まで以上にシームレスで広い範囲でのデータ連携が必須となる。企業が次のアクションをとるために大事なことは、サプライチェーン全体のデータを可視化することだ。当社では、これをSCV(Supply Chain Visualization)と呼んでいる」とした。

 セッションの最後には、自社商材をアピール。EDIパッケージ製品「ACMS」シリーズやデータ変換ツール「AnyTran」を紹介した。西川氏は、「『ACMS』シリーズは、1600社6600サイトを超えるシステムで稼働している。製造業・流通業・サービス業などあらゆる業種で導入されており、代表的な導入企業としては、TDKや住友商事、丸紅など、採用しているのは各業界の大手企業ばかりだ」とアピールした。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)