ページの先頭です。

2014/05/28 14:05

Special Issue

シスコ、販社の要望に応え、Software Definedなシステムをお手頃価格で提供開始

 シスコシステムズは、ソフトで簡単にElasticなサーバ・ネットワーク環境を整えられる「FI + UCSラックマウントスモールスタートキャンペーン」を10月25日まで実施している。売れ筋の3種類のパッケージを用意し、付属する管理ソフト「Cisco UCS Manager」を活用することで、クラウド環境を容易に構築することができる。

革新的なシステムをまずは手に取ってみるチャンス!

 シスコの革新的なサーバ製品「Unified Computing System(UCS)」のよさをより多くのユーザーに実感してもらうため、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したラックマウント型の「Cシリーズ」とネットワーク接続(LAN)とストレージ接続(SAN)を集約するFI(ファブリック・インターコネクト)をセットにした売れ筋構成3パッケージをキャンペーン価格で提供する。管理ソフト「Cisco UCS Manager」もFIに無償でついてくる。


※キャンペーン市場想定価格はあくまで想定価格で為替の変動等の可能性もあります。実際の価格は、各パートナーロゴをクリックしてご確認ください。


業界最高水準のパフォーマンスを実現
Cisco Unified Computing System



大幅アップグレードでむしろ安くなる?!
「サーバ+10Gスイッチ+ FCスイッチ+管理ソフト」が「サーバ+1Gスイッチ」より安くなる?!

 数年に一度、すべてを変えてしまう製品が現れる。あっという間にサーバ市場のシェアを塗り替えたCisco UCSもその一つだ。Cisco UCSの最大の特徴は、FI(ファブリック・インターコネクト)にある。通常、仮想化環境を構築するには、10GbEのような大量トラフィックをさばくことができるイーサネットスイッチと、場合によってはファイバチャネルスイッチが必要になる。また、昨今話題のソフトウェアでインフラをサービス要求に応じて簡単に変更できるようにするためには、それなりのプロビジョニングツールが必要になる。

 Cisco UCS FIは、これら3つの機能の1台でこなすことができる。インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したCisco UCS Cシリーズラックマウントサーバは、それだけでも優秀なサーバだが、Cisco UCS FIと一緒に使うことでクラウド時代の強力なインフラとなり得る。1GbEから10GbEへのアップグレード、FC機能、サーバー・ネットワークの一括プロビジョニング機能がついて、台数は逆にぐっと少なくなる。どれほど運用にかかる負荷を軽減できるか、想像できるだろう。

 今回のキャンペーンでは、機能やパフォーマンスを大幅にアップしつつ、既存の1Gイーサネットスイッチ、FCスイッチ、管理ツール、サーバの組み合わせと同程度の価格で、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したCisco UCS FIとCisco UCS Cラックマウントサーバの組み合わせパッケージを提供する。

既存の仮想化環境との費用面・機能面の比較


※キャンペーン市場想定価格はあくまで想定価格で為替の変動等の可能性もあります。実際の価格は、各パートナー様にお問い合わせください。
 
「Cisco UCS Manager」を導入すると、システム構成も運用もすっきりする



「UCS Manager」のすぐれたGUIでシステムを可視化、シンプルなクラウド構成を実現

 「Cisco UCS Manager」は、Cisco UCS FIに付属されている無償インフラ管理ツール。ファームウェア、BIOS設定、ネットワーク構成などサーバーの新規構築、メンテナンスなど手間のかかる作業を簡素化するために生まれたツールだ。

 ブラウザからアクセスできるグラフィカルなインターフェース(GUI)が特徴で、追加・変更されたシステムコンポーネントの自動検出機能、インベントリ管理などによって、管理者はシステムの状況を視覚的に把握できる。また、UCS Manager内のサービステンプレートとサービスプロファイルを使用することで、インフラをサービス要求に応じて簡単に変更できるようになる。例えば、同じインフラで、昼はWebサーバ、夜はバッチ処理サーバなどと、異なる運用を実行することもできるようになる。もちろん、部署ごとに違うポリシーで同一のインフラを使い回すマルチテナントの機能も搭載する。現在、使用している運用管理ツールとCisco UCS ManagerとのXMP/API連携も可能だ。

「UCSマネージャー」の管理画面

 プライベートクラウドの構築を検討する企業にとって、仮想化に最適なUCSを手頃な価格で購入できるこのキャンペーンは、またとないチャンスだ。


実際にUCS Managerを触ってみたい方は、こちらのバーチャルラボでお試しください。
Data Center and Virtualization → Next → Cisco Unified Computing System 2.2 v1.
▽UCS簡易見積もりツールはこちら
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
この記事のPDFをダウンロードこの記事のPDF版をダウンロードする

 


■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)