ページの先頭です。

2014/06/19 09:12

[週刊BCN 2014年06月16日付 Vol.1534 掲載]

Special Issue

大塚商会 DBのパフォーマンス劣化要因を解消 Oracle RACの高速化ソリューションを提供開始

 大塚商会は、Oracle RAC環境向けに高速I/O処理を実現する「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」の提供を開始した。これまで「Oracle RAC」のパッケージ商品で培ったデータベース(DB)構築のノウハウと保守・サポート体制、さらに日立製作所の信頼性の高いハードウェアを組み合わせて、工数を抑えながらDBの高速化を実現し、企業のDBシステムの課題を解消する。

データ量の増加に伴いDBの処理速度が課題に

大塚啓太
マーケティング本部
共通基盤プロモーション部
Oracle製品担当
主任
 取り扱うデータ量が急増するなかで、DB処理のスピードに課題を抱える企業が増加している。大塚商会が提供するシステム診断サービスのユーザー企業は、その多くがDB処理の速度が遅くなったことをきっかけに、サービスを利用するようになったという。DBのパフォーマンス低下の要因は一つではなく、アプリケーションやCPU、メモリ、ディスクI/Oなど、いくつかのボトルネックが想定できる。診断サービスの結果によると、ディスクI/Oがパフォーマンス低下の要因になっているケースが多いことがわかった。

 そこで大塚商会は、「Oracle RAC(Oracle Real Application Clusters)」を利用する企業向けに、SSD(Solid State Drive)を利用して、DBのストレージ性能を改善する「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」の提供を開始した。テクニカルソリューションセンターの松下浩之氏は、「高い可用性と拡張性をもつ『Oracle RAC』は、ミッションクリティカルなDB基盤を構築するには欠かせないクラスタ構成として、ここ数年で標準のプラットフォームといえるくらい一般的になった」と市場を概観。そして、「『DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD』を利用することで、高い可用性と拡張性を保ちながら、DBのパフォーマンスを大きく改善できる」と説明する。

DBのパフォーマンス向上を短期間で実現するソリューション

松下浩之
技術本部TCソリューション部門
テクニカルソリューションセンター
インフラグループ
データベースソリューション課
テクニカルエンジニア
 「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」は、ストレージとI/Oインターフェースの処理能力アップを通じて、I/Oのボトルネックを解消する。ハードウェア側の変更だけで済むので、既存の業務システムやアプリケーションに手を加えることなく、短期間でDBのパフォーマンスを向上させることができる。

 「決して止めることができないミッションクリティカルなDBシステム、あるいは膨大なトランザクションデータを扱っている企業は、DBの高速化を切実に求めている。『DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD』は、そうした方々に、工数をかけずにDBの高速化を提供する」と、共通基盤プロモーション部Oracle製品担当の大塚啓太氏は導入メリットを強調する。

 「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」は、大塚商会と日立製作所による共同ソリューションだ。松下氏は「とくに『Oracle RAC』は、ミッションクリティカルな環境での導入が前提となるので、ハードウェアにも高い信頼性が求められる。日立製作所のストレージは市場からの評価が高く、信頼性にも定評がある。高信頼のハードウェアと高性能のソフトウェアを組み合わせた最適なDBソリューションを提供できる」と、協業の背景には日立製作所のハードウェアに対する高い信頼があるとした。

ますます高まるDB高速化のニーズ ラインアップの拡充を視野に

 「企業が取り扱うデータ量が今後ますます増大するなかで、DB高速化ソリューションに対する需要はさらに高まる。まずは、『DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD』によるパフォーマンスの向上を実感していただきたい」と、大塚氏はこのソリューションの可能性に期待を寄せる。

 大塚商会の強みは、事前のヒアリングから構築、運用、保守まで、ハード/ソフトを含むソリューションを、ワンストップで提供できる点にある。これによって、ユーザー企業は導入から運用・サポートまでの窓口を一本化でき、さらに納期の短縮やコストの削減にもつなげることができるのだ。

 大塚商会は、これまで「Oracle RAC」で検証済みのハードとソフト、さらに保守も組み合わせたパッケージ「Oracle RAC Pack」の提供で培ったDB構築のノウハウを活用しながら、「DB高速化ソリューション for Oracle RAC on SSD」を提供していく。

 ストレージにSSDとHDDを組み合わせて、高速化とコストメリットを追求したモデルの提供など、ラインアップの拡充を念頭に置きながら、今後も大塚商会と日立製作所はさまざまな取り組みを積極的に展開する。





■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)