ページの先頭です。

2014/06/19 09:13

[週刊BCN 2014年06月16日付 Vol.1534 掲載]

Special Issue

大塚商会 増税後も「たのめーる」が好調を維持 商品とサービスの強化で売上増を目指す

 サービスの開始から15年連続で増収を続ける大塚商会のオフィス用品通販サービス「たのめーる」。この4月も売れ筋商品を中心に値下げを行い、価格を総額表示に統一した最新カタログを投入した。好調の背景には、「たのめーる」で買うメリットを提供する独自サービスと、創業時から変わらない大塚商会の思想がある。

増税後も売れ筋を中心に2400点以上を値下げ

遠藤百栄
MRO事業部
たのめーるマーケティング部
CRMマーケティング課
兼 たのめーる企画課
次長
 大塚商会の「たのめーる」が好調を維持している。消費増税前の駆け込み需要が拡大した2014年度第1四半期(14年1~3月)は349億4600万円を売り上げ、前年同期比12.5%増という高い伸びを示した。4月1日には、「たのめーる」と介護用品通販サービス「ケアたのめーる」の最新号のカタログを発行。価格は、すべて消費税8%込みの総額表示で記載し、増税による利用者の混乱を防ぐよう配慮する一方、売れ筋商品を中心に両カタログ合わせて2400点以上の値下げを実施した。とくにコピー用紙は、大手通販で最安値の提供が実現されているようだ。

 その結果、「駆け込み需要の反動も少なく、4月以降も売り上げは大きく落ち込むことなく推移している」と、遠藤百栄・MRO事業部たのめーるマーケティング部CRMマーケティング課兼たのめーる企画課 次長は、堅調ぶりを説明する。

発注業務を効率化するツールを無償提供

 「たのめーる」は1999年のサービス開始以来、15年間増収が続いている。その理由として、遠藤次長は、「川上戦略」を挙げた。「たのめーる」は他社の通販サービスと比較して、従業員数の多い企業を顧客として抱えている。こうした企業に、部署単位ではなく、会社全体でまとめて利用してもらうことでメリットが出る策を打っているのだ。

 「部署単位ではなく、さらに上流、つまり会社全体でまとめて利用いただくことで、さらなるコストダウンを提供している。また、発注業務の効率化につながるツールも無償で提供している」(遠藤次長)。

 発注業務の効率化を実現するツールとは、ASP型購買システム「MAたのめーる」のこと。部署ごとの申請や承認機能、発注管理など、購買に関わる一連の業務を管理できる。顧客ごとに設けられる独自サイトの購入画面に、顧客が設定した商品だけを掲載し、商品検索の簡略化や企業内での統一購買を促進したり、部署別に予算を設定して月ごとに進捗を管理したりするなど、発注業務の効率化やコスト削減に役立つツールだ。

 「『たのめーる』と他社サービスの価格を比較して商品を購入されるお客様は多くいらっしゃる。だからニーズのある商品を競争力のある価格で販売することはもちろんだが、『MAたのめーる』などのツールによって、『たのめーる』で買うメリットをさらに訴求している」(遠藤次長)という。

 さらに新カタログでは、PB(プライベートブランド)商品を360点以上追加するなど、コピー用紙やオフィス用品を中心に独自商品の拡充にも力を入れている。

「たのめーるインフォ」で楽しいコンテンツを発信

 2012年8月にオープンした情報サイト「たのめーるインフォ」では、イチオシ商品や売上ランキング、商品の開発秘話、キャンペーンなど、「たのめーる」に関連するさまざまな情報を発信している。遠藤次長は、「楽しみながら『たのめーる』をご利用いただきたいという思いから、単なる商品の紹介にとどまらず、季節ごとの特集やテレビなどで話題の文具などの開発秘話、お楽しみコンテンツ、より便利に使っていただくことができる機能の紹介など、多彩な情報を独自の記事にしている」という。

 「たのめーる」では、税込み300円以上の注文で送料も無料になるので、「最低限の注文で済み、ムダなものを買わなくていい」(遠藤次長)という仕組みも、「たのめーる」がユーザーの支持を集めてきた理由の一つだ。また、祝日を除く月~金曜の午前11時までに注文すると、当日午後に商品を届ける「当日お届け」を対象地域で実施している。

 「トナーやコピー用紙などオフィスの消耗品を使い切って、お客様のビジネスが止まってしまうことは絶対にあってはならない、というのが当社の創業時からの思想。『たのめーる』も、この思想を踏襲している。今後もさらにラインアップやサービスを強化し、より使いやすく、よりお得な『たのめーる』を目指す」と、遠藤次長は力強く宣言してくれた。

情報サイト「たのめーるインフォ」では、イチオシ商品や売上ランキング、商品の開発秘話、キャンペーンなど、さまざまな情報を発信している

たのめーるインフォ>>>
http://www.tanomail.com/info




■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)