ページの先頭です。

2014/11/27 09:15

[週刊BCN 2014年11月24日付 Vol.1556 掲載]

Special Issue

<拡大傾向のデジタルサイネージ市場>24時間365日の長時間稼働が前提の高信頼設計 市場を広げるフィリップスのデジタルサイネージディスプレイ

 フィリップスの液晶ディスプレイが国内市場で大きく伸長している。一番の強みはグローバルでのブランド力だが、そこに独自の流通網と良質なアフターサポートを加えることによって、さらに商品力を高めることに成功した。この戦略が功を奏して、売れ行きは堅調に推移している。この液晶ディスプレイでの経験を生かし、フィリップスブランドとして、新たにデジタルサイネージ市場への参入を果たした。

 液晶ディスプレイとデジタルサイネージは、似ているようで大きく異なる。デジタルサイネージは情報提示の手段として使われることが多く、長時間稼働するケースがほとんど。このため、内部に熱がこもり、それが原因で障害を起こしやすいという問題があった。フィリップスのデジタルサイネージは、これを防ぐために、内部温度を適切に管理するヒートマネジメント機能を搭載。さらに長寿命のパーツを採用して、24時間365日の長時間使用に耐えるスペックをもつ。

 また、デジタルサイネージの場合、コンテンツを配信するパソコンやメディアプレーヤーに障害が発生し、映像が止まってしまうことがある。フィリップスのデジタルサイネージは、こうした事故を防ぐために、コンテンツ配信元をUSBメモリなどに自動で切り替えて、映像を流し続けるフェイルオーバー機能を採用。こうして、過酷な環境に設置しても安定して稼働し続ける製品が完成した。障害の発生することが少なくなったことで、管理・運用・保守の工数も削減している。

 製品は、ボリュームゾーンを狙うスタンダードモデル「E-Line シリーズ」を中心に据え、ハイエンドモデル「V-Line シリーズ」をラインアップ。パネルサイズは、32インチから65インチまでと幅広く揃えた。また、極薄ベゼルのモデルを組み合わせることで、パブリックビューイングにも対応する。

 こうしたことから、フィリップスのデジタルサイネージディスプレイは高機能・高信頼・低コストという点が市場に認められてきている。

フィリップスのデジタルサイネージ
「E-Line シリーズ」(上)と「V-Line シリーズ」




■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)