ページの先頭です。

2015/05/14 09:14

[週刊BCN 2015年05月11日付 Vol.1578 掲載]

Special Issue

トランスウエア 機能で選ばれるOffice 365のメール誤送信対策とアーカイブ「Active! gate SS」「Active! vault SS」

 Officeアプリケーションのライセンス問題を解消し、モバイルワークへの対応も容易であるなどの利点から、マイクロソフト製クラウド型グループウェアサービス「Office 365」の導入が進みつつある。しかし、標準のセキュリティ機能だけでは、多くの日本企業にとって不安な点もあることから、導入に踏み切れない、あるいは導入したものの満足していないユーザーも存在する。トランスウエアのクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」とクラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」は、Office 365のメールセキュリティを補い、日本企業のニーズに合わせた機能を提供する。また、リセラーにも付加価値が高いサービスとなっている。

選ばれる理由は「他社にはない機能」

松井克
営業本部
法人営業部
課長
 Active! gate SSとActive! vault SSは、トランスウエアが提供するメール誤送信防止ソフトウェアと、メールアーカイブソフトウェアをベースとしたクラウドサービスだ。Office 365をはじめ、「Google Apps」などクラウド型グループウェアサービスのメール機能を補完し、高度なメール誤送信防止機能や使いやすいメールアーカイブ機能を手頃な価格で利用できる。オンプレミスのメールサーバーにアーカイブや誤送信防止の機能を追加して運用している企業は多いが、それと同様の機能をクラウドで利用できる。

 似たようなサービスは他社も手がけているが、トランスウエアのサービスが選ばれる理由は、豊富で柔軟な機能にある。Active! gate SSは、「送信メールの一時保留」「添付ファイルの暗号化」「添付ファイルのウェブダウンロード」「Bcc強制変換」「送信拒否」「時間差配信」「上司承認」の七つの機能を備えている。メールを通じた情報漏えいを予防するだけでなく、添付ファイルの扱いを容易にしているのがポイントだ。

 「他社との最大の違いは、ファイルの暗号化とウェブダウンロードを使い分けできること。また、一つの宛先ごとに個別の設定ができる。暗号化機能では通常、パスワード付きZIPファイルを使うが、ZIP添付ファイル拒否や容量制限をしている相手には、他の形式で添付したり、本文から切り離してウェブでダウンロードできるようにする。設定に応じて自動で処理されるので、ユーザーは通常通りにファイルを添付して送るだけでよい」と松井克・営業本部法人営業部課長は利点を説明する。


アーカイブデータを毎月無償でメディアで送付

 一方、Active! vault SSはOffice 365やGoogle Apps、Active! gate SSと連携するほか、日本語の管理画面・検索機能、アーカイブのリアルタイム検索、管理者と検索ユーザーの権限分離などの機能に加え、アーカイブ期間(1年、3年、5年)に応じた料金プランが用意され、さらに毎月のメールデータをブルーレイディスクで送付するサービスも標準で提供している。

 「とくに無償でのデータ送付サービスは他社にないユニークなもの。メールのアーカイブを行っていても、実際にアーカイブを検索するのは、ほぼ必要なときだけ。まして数年前までさかのぼるケースは滅多にない。だが、クラウドサービスに対して、『データが手元にないこと』を不安に感じるユーザーも少なくない。期限が過ぎてアーカイブから消去された古いデータも、手元に保管しているメディアから調べることができる」と松井課長はいう。

Office 365のリセラーに付加価値が高い

 こうした機能の数々は、ユーザーのニーズを取り入れて対応してきた成果だという。松井課長は、「クラウドサービスは、なかなかユーザーの要望に応じてくれない印象があるが、当社の技術部門は、われわれ営業部門の要求にもよく対応してくれた」と話す。

 柔軟な対応は、契約期間にも現れている。Office 365やGoogle Appsを導入している企業が、追加でActive! gate SSやActive! vault SSを導入する場合、年間契約の更新月を揃えられるよう、最初の年だけ1年未満の契約期間に設定することが可能だ。また、Active! vault SSのアーカイブ期間についてもカスタマイズ契約をしているユーザーがいるという。例えば1年ごとに更新する契約を扱っている企業では、更新前に顧客とのやり取りがあるので、前回の更新前を振り返るにはアーカイブ期間が1年だと少し足りないことになる。そこで、こうしたユーザーには、13か月という期間を特別にカスタマイズして提供しているのだ。

 松井課長は、「Office 365は、Officeスイートのライセンス管理の負担を解消するために導入するケースも多いが、移行すればメールアーカイブやメール誤送信防止などのソリューションも必要となってくる。Office 365の標準のアーカイブサービスなどは、コスト面で不便も多く、その点、当社のサービスはOffice 365のリセラーにとって付加価値が高いはず」と自信をみせている。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)