ページの先頭です。

2016/08/29 08:00

Special Issue

チェック・ポイント、UTMアプライアンスの拡充でSMB開拓を本格化

 これまで大企業を中心に展開してきたチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(チェック・ポイント)が、SMB(中堅・中小企業)向け市場でも存在感を高めてきた。UTM(統合脅威管理)では「Check Point 700アプライアンス」のラインアップを拡充したほか、拡販に向けてパートナー強化にも積極的だ。現段階でも、SMB向けビジネスの売上規模が2倍以上の伸びを達成しており、パートナー数も大幅に増加している。

SMBでも大企業レベルの対策が必要

 「今や単体のファイアウォールやアンチウイルスでは、セキュリティ対策として不十分だ。実際、対策をすり抜ける脅威が増えており、SMBユーザーの間でも本物のUTM製品を求める声が高まっている」。真田賢太・SMB営業部営業部長は、市場の変化をそう指摘する。

 SMB向け製品の中心となるのが、Check Point 700アプライアンスだ。UTMとして、ファイアウォールやIPS(侵入防止対策)、URLフィルタリング、アンチウイルス、アンチスパム、アンチボットなどのセキュリティ機能をフル装備することで、SMBに最適化された管理しやすい統合ソリューションとして提供している。

 「他社ではオプション扱いになることも多いアンチボットも標準装備しており、大企業向け製品と比べても遜色のないセキュリティレベルを実現する機能がほぼ備わっている」と、田村翔一・SMBチャネル・マネージャーは強調する。

 また、モバイル脅威への対策として、独自のアプリケーション分析技術やネットワーク接続の自動無効化、デバイスのぜい弱性評価ができる「Mobile Threat Prevention(MTP)」もオプションで提供している。

 2016年5月26日には、ラインアップを拡充して高度化するSMBのセキュリティに対するニーズに応える「Check Point 770」と「Check Point 790」の2モデルを追加。さらに規模の大きい企業ニーズにも対応できる高スループットを実現したうえ、きめ細かなネットワーク・トラフィックとアプリケーション制御機能の提供も開始した。

田村翔一マネージャー(左)と真田賢太部長

運用は手間が不要、パートナーにも大きなメリット

 Check Point 700アプライアンスの特徴は、コンパクトなきょう体に最高レベルのセキュリティ機能を搭載しながら、導入と運用の容易さを両立している点にある。専任担当者が常駐しない環境への導入を想定し、わかりやすいウェブベースのインターフェースによって、わすが数分で設定作業が完了できる。また、プロバイダによるマネージド・サービスをオプションとして用意しているため、人手が限られる環境でも柔軟な運用が可能だ。

 パートナーにとっても、Check Point 700アプライアンスはライセンス管理が非常に容易で、販売の際に余計な手間がかからないというメリットがある。

 チェック・ポイントでは、運用管理を代行するパートナーに向けて、クラウド型のマネージド・セキュリティ・サービス基盤も提供している。パートナーは、管理サーバーを立てずに顧客のデバイス管理が可能で、統合化された管理とわかりやすいレポートによって顧客のセキュリティ管理にかかる人材や手間を大幅に軽減できる。

マネージド・セキュリティ・サービス基盤

 「レポートを参照すると、多くの顧客はこれほどアタックされているのかと驚く。最近では、スループット性能をうたい文句にするUTMもあるが、その分、マルウェアのすり抜けを許しているケースも少なくない。当社の製品は高い検知率とスループットを両立させている」と、田村マネージャーは語る。

セキュリティレポート

 販売も非常に好調で、真田営業部長は「今後1年で200%増を見込んでいる。拡販に向けて、他社製品からの乗り換えキャンペーンも実施する。来年早々には、サンドボックス機能も搭載する予定だ。引き続き、SMB市場の強化策を打ち出し、大企業向けと並ぶビジネスへと成長させたい」と、意欲的な姿勢を示す。

 SMB市場の新規開拓を目指して、チェック・ポイントでは2014年からパートナーの拡大に本腰を入れて取り組んできた。「初年度は数社に過ぎなかったが、2015年に数10社となり、今年は数100社にまで拡大した。全国をカバーする販売網を整備できつつある。今後は、各地域で強い販売力をもつ『ローカルキング』の方々と、パートナーシップを組んで販売網をさらに強化していく」と、真田営業部長は力を込める。

 新規パートナーに向けて、技術/販売トレーニングを1か月あたり2回のペースで実施。さらに、パートナー先に出向いてワークショップも開催している。また、セミナーを全国で開催中で、その地域の実情に沿ったテーマを取り上げているという。

 「ワークショップの要望があれば、全国どこへでも足を運んでいるので、ぜひ声をかけてほしい」(真田営業部長)と呼びかける。

BCN Bizline 読者アンケート
『チェック・ポイント中小企業向け セキュリティに関するアンケート』
http://www.seminar-reg.jp/bcn/survey_checkpoint_0929

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)