ページの先頭です。

2016/11/14 08:00

Special Issue

QNAP×シーゲイト、監視ビデオ専用のストレージが実現する高信頼・低コストの監視カメラソリューション

 防犯、セキュリティ、コンプライアンス対策として拡大が続く監視カメラ市場で、IPカメラシステムへの注目が高まっている。QNAPのストレージ販売で知られるフォースメディアでは、「QNAP Turbo NAS」を利用したネットワーク・ビデオ・レコーダー(NVR)にシーゲイトの監視録画用HDDを搭載し、VIVOTEKのIPカメラを組み合わせた監視カメラソリューションを提供する。高信頼の監視カメラソリューションを低コストで実現することで、一般オフィスや店舗から工場、倉庫まで、幅広い需要の取り込みを狙う。

「QNAP」は無償でネットワーク監視カメラシステム用ソフトウェアを利用可能

 フォースメディアは2014年5月に台湾のネットワークカメラベンダーのVIVOTEKと販売代理店契約を結び、監視カメラソリューション市場に参入した。暗所でも明るい映像を取得できるなど、イメージ品質にすぐれたVIVOTEKのIPカメラ製品と、QNAPに搭載されるビデオマネージメントシステム(VMS)である「Surveillance Station」を組み合わせることで、プロフェッショナル向けNVRを容易に構築できる。

 フォースメディアの本田龍・ビジネス開発部部長は、「Surveillance Stationは、QNAPの標準アプリケーションとして無償で提供されており、専門的な知識がなくても簡単にインストールできる。世界の主要カメラメーカーのネットワークカメラ約3000機種をサポートしているので、用途や予算に合わせたカメラの選択が可能だ。標準で付属するカメラライセンス(2台~8台、モデルによって異なる)でトライアル的にスタートし、必要に応じて追加ライセンスを購入することで規模を拡張できる」と語る。

 Surveillance Stationは、無償でありながらVMSとして十分な機能を備えている。H.264およびMJPEGに対応し、高品質な画像でライブ映像を表示し、効率よく録画できるのは当然のこと、画像イメージからさまざまな状態を検出し通知を行うアラート通知機能も備えている。

 具体的には、モーション検知や不審物の検知、カメラに対する不正操作などの異常をリアルタイムに検知し、録画やメール送信など状況に応じたアクションを実行できる。また、通常は録画のイメージ品質を落とし、異常検出時のみイメージ品質を上げることでストレージの使用量を効率化する機能も備えている。

 一般的なVMSは、PCにアプリケーションをインストールし、録画データ容量に応じたストレージを別途用意する必要がある。これに対し、Surveillance StationではQNAPにアプリケーションを直接インストールしてネットワーク経由で利用するため、監視システムの機能をNASに集約することができる。

 本田部長は、「QNAPにモニタとマウスを直接接続して利用することも可能なため、PCレスでの運用も可能だ。カメラの設置だけをネットワーク工事業者などに依頼すれば、ユーザー自身でシステムを構築できるので、コストを抑えての導入も可能だ。カメラメーカーの録画装置は高価な製品が多いが、QNAPをNVRとして利用する場合、HDD1台の最小構成なら5万円以下、また、2ベイモデルでRAIDによる冗長構成を組んでも10万円以内から導入できる。国内のカメラメーカーのソリューションと比較して、3分の1にコスト削減できるケースもある」と指摘する。

 主な用途は、一般オフィス、店舗、倉庫などで、オフィスでは受付やコンプライアンス上、セキュアな環境を維持する必要があるスペースに採用されている。

QNAP Turbo NASを核とするフォースメディアの監視カメラソリューション

信頼できる監視カメラシステムの構築にはストレージが最重要

 フォースメディアのネットワーク監視カメラシステムのもう一つの特徴が、QNAPに搭載するHDDだ。フォースメディアでは用途に応じた最適なHDDをNASに搭載している。
 シーゲイトは今年7月にHDDブランドを一新、「Guardian Series」として、PC/ゲーム用ドライブ「BarraCuda」、NAS/RAID用ドライブ「IronWolf」、そしてビデオ監視用ドライブ「SkyHawk」をラインアップし、全ラインアップに最新鋭の10TBモデルを用意した。

 フォースメディアでは、監視システム用のHDDにシーゲイトのSkyHawkを採用している。

 「多くのユーザーがランダムにアクセスするファイルサーバー用HDDと異なり、同じ場所の映像を連続的に記録し、1ファイルのサイズも膨大になる監視用HDDには求められる要件が異なる。もし、ストレージに問題が生じれば、重要な録画が無駄になり、監視システムの意味がなくなる」と、日本シーゲイトの長尾洋平・営業本部第2営業部部長は指摘する。

 SkyHawkは書き込みに特化したHDDとして、24時間365日のビデオ監視に最適化されたチューニングをファームウェアに施しているため、スムーズで確実な録画・再生が実現できる。

 「当社はHDDメーカーとして、監視用に特化したドライブをいち早く展開してきた。その10年間の蓄積と実績で培った性能と信頼性には、この分野でのトップメーカーとしての強い自負がある」と、長尾部長は力説する。

 しかも、QNAPは種類の異なるHDDを組み合わせて搭載して、一台を複数の用途に利用することができる。たとえば、監視用のSkyHawkとNAS用のIronWolfを搭載し、監視用ストレージと日常業務用ファイルサーバーを一台のQNAPで実現することで、導入コストや電気代などのランニングコストの削減が可能だ。

 監視カメラ市場は、年率2割程度の成長を続けており、2018年にはアナログカメラとIPカメラの合計で、市場規模は546億円に達する見込みだ(富士経済調べ)。とくに、2020年の東京五輪に向けて、需要は堅調に伸びていくと予想される。また現在、半数程度を占めるアナログ型からIPカメラへの置き換えも今後急速に進む見込み。

 「インシデント発生時に確実に問題を特定できるようにするため、監視カメラシステムにおいてもストレージを重視すべきだ。当社は、市場参入から2年に過ぎないが、ストレージでは長年の実績があり、バックアップ/アーカイブ、ネットワークにも強い。そこがカメラ中心の代理店との大きな違いだ。その強み生かして、従来からお付き合いのあるIT機器中心のSIerのカメラビジネスへの参入のお手伝いをさせていただく一方で、カメラ中心の販社様と補完関係によるパートナーシップを構築していきたい」と本田部長は呼びかけている。

フォースメディアの本田 龍・ビジネス開発部部長と
日本シーゲイトの長尾 洋平・営業本部第2営業部部長



BCN Bizline 読者アンケート
「監視カメラソリューションに関するアンケート」
http://www.seminar-reg.jp/bcn/survey_forcemedia_1213/

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)