ページの先頭です。

2017/01/12 09:06

[週刊BCN 2017年01月09日付 Vol.1660 掲載]

Special Issue

「ネットワールド IBM Day 2016」を開催 2017年のIBM関連ビジネステーマは「クラウド時代のビッグデータ」

 IBMのソフトウェアとハードウェアの「総合Value Added Distributer(VAD)」であるネットワールドは、パートナー向けイベント「ネットワールド IBM Day 2016」をウェスティンホテル東京で開催した。「クラウド時代のビッグデータ」をキーワードに、「IBM Watson」が実現するビジネスの革新やネットワールドの最新ソリューション、そして同社の「パートナー・リング」に関わる各社のビジネスを紹介した。


AIの市場規模は2019年に319億ドル Watsonがすでに生活の一部に浸透

森田晶一
ネットワールド
代表取締役社長
 冒頭、挨拶に立ったネットワールドの森田晶一社長は、2016年のビジネスを総括し、15年に苦労した流れを16年1Qまで引きずったが、2Qから回復基調になり、3Qは過去最高を記録、4Qもそれが持続しているとした。IBM関連ビジネスについては、「AI、ビッグデータ、IoTを三種の神器として注力する。17年は酉年なので、ぜひ、大きく羽ばたきたい」と力強く宣言した。

 次いで、登壇した日本IBMの宮坂真弓氏は、16年10月に米国・ラスベガスで開催された「IBM World of Watson 2016」の模様を紹介。同イベントには、120か国から1万7000人が参加し、日本からも約400人が参加した。宮坂氏は、AIによって実用化される三つの顕著な分野として、「Embodied Cognition」「Visual Comprehension」「Language Advancements Accelerated by Deep learning」を挙げ、「19年までに市場規模は319億ドルとなり、18年には10億人が何らかの形でWatsonを活用することになる」とした。

 また、AIはビジネスのキーワードであるとしたうえで、「AIをArtificial Intelligence(人工知能)ではなく、『Augmented Intelligence』、つまり人間の知識を拡張するもの」だと説明。そして、IBM Watsonコグニティブ・サービスの核である「Watson Explorer」と「Watson API」について紹介した。Watson Explorerはさまざまなデータの横断検索を通じて、情報の一元化・可視化を可能にする。Watson APIは、IBM Bluemix上に、すでに30以上のサービス(API)を公開している。16年2月18日にはWatson APIの日本語版が発表され、9月に国内データセンターでのサービス提供もスタートした。

 「Watsonは、すでに人々の生活の一部に浸透している。日本でも金融、医療、メディアサービス、製造、コールセンターなど、あらゆる業界での活用が始まっている。ぜひ、Watsonを活用してほしい」とアピールした。


「dashDB」の活用で、ハイブリッドDWHの提案が現実に

 ネットワールドのセッションでは、照川陽太郎氏と御木花子氏が登壇。「IBM 総合VADのネットワールドが語る!クラウド時代のビッグデータビジネス」と題して、17年注目のソリューションを紹介した。

 照川氏は、ネットワールドは「ハイブリッドDWH」を推進していくと語った。近年、データの多様化によって分析ツールの市場が活性化し、インフラも分析業務を前提とした環境が求められているとして、IBMのDWH製品、「dashDB Local」を紹介した。dashDB Localは、TBクラスの容量に対応し、BLU Accelerationによって分析処理を高速化できるという特徴があり、Dockerコンテナ上で動作するため、オンプレミス、クラウドに関わらず利用でき、Bluemixで提供されている「dashDB」とも完全互換性をもっている。

 これまでハイブリッドDWHは課題が多く、現実的に難しいといわれていたが、クラウドサービスの進化により現実的なソリューションとなってきている。「Aspera」や「Bluemix Lift(Asperaの転送技術が使われている)」を利用することで、柔軟かつ高速にデータ転送を行うことも可能だとして、「DWHの案件には、どんな環境にも対応できるdashDB Localで提案して欲しい」と呼びかけた。さらに、ネットワールドでは提案・導入を容易にするIBMコンバージドソリューションの「Networld Pack」を用途に合わせた形で用意しており、dashDB Localもこのラインアップに加えていく。今後も充実のサポート体制で、エンドユーザー、パートナー企業を支援していくとアピールした。

 御木氏は、IBM関連ビジネスについて大手から中堅・中小企業まで、クラウド関連で、流通・情報サービス業が狙い目だという。具体的なソリューションとして、IoT、コグニティブプラットフォーム、ディープラーニング、セキュリティなどを挙げて解説した。そして顧客への提案に、IBMの画期的なハイブリッドクラウド向けのライセンスを説明した。最後に、ネットワールドのパートナー・リングは、メーカーもパートナーもエンドユーザーのみんながWin-Win-Winになるとアピールした。

 さらに同イベントでは、パートナー5社が登壇し、各社が取り組むIBM関連ソリューションを紹介した。

 AITの酒井修氏は、IBM WatsonとIoTのサンプル事例として、一人暮らしの高齢者を見守る仕組みを紹介し、Watson活用の初めの一歩を支援するとした。スタッツギルドの櫛田弘貴氏は、IBM SPSS製品について解説し、同社のSPSS活用支援サービスを紹介した。オージス総研の大場克哉氏は、API Connectを活用するうえでの課題を説明し、API公開支援サービスを通じてサポートするとした。TISの越川智仁氏は、AI技術をビジネス活用するうえでの課題を挙げ、同社の営業支援とコールセンター支援をデモを交えて紹介した。パナソニックネットソリューションズの池谷誠氏は、顧客のNotes環境をIBM Verse+SoftLayerで完全クラウド化している取り組みを紹介した。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)