ページの先頭です。

2017/03/02 09:06

[週刊BCN 2017年02月27日付 Vol.1667 掲載]

Special Issue

<畔上編集長が今、いちばん気になるストレージ>連載 第6回 徹底分析 ネットワールドは開拓者だ! 能動的なサポートが好評価 Nimble Storage

 初号機からすべてのストレージのログをクラウド上に収集し、蓄積。ログデータを解析することで、メンテナンスを強化していく。ピーク予測や異常検知、故障予測など、すべてのユーザーがその恩恵にあずかっている。Nimble Storage(Nimble)がストレージで提供するサービス「InfoSight」の特徴だ。このサービスに、安定運用を求めるユーザーの支持が集まっている。

NimbleはCPUドリブン

Nimbleのストレージは、ファイルシステムの「CASL(Cache Accelerated Sequential Layout)」が特徴の一つ。CASLは、Nimble独自の特許技術で、効率的にディスクへの書き込みを行うことで高いパフォーマンスを確保している。例えば、入ってきたデータをキャッシュで受けて、インライン圧縮を実施、さらにシーケンシャルデータに書き換えて、ディスクに一気に書き込む。こうすることで、ディスクに負荷がかからない仕組みを実現している。

 また、CPUを利用して書き込みを高速化しているため、IOPSはCPU性能に依存する。つまり、コントローラごとにIOPS値が決まっていることから、どのモデルを選択するべきかが判断しやすい。

 Nimbleでは、SSDとHDDのハイブリッド製品が人気となっている。ハイブリッドでもCASLにより、処理スピードが速く、コストパフォーマンスにすぐれているからだ。とはいえ、オールフラッシュのモデルも用意しており、ニーズに応じて機種を選択できるようになっている。

宮本隆史
ストラテジックプロダクツ営業部
SP2課課長
 「Nimbleは、ハイブリッドとオールフラッシュの製品をラインアップしているが、10種類のみ。わかりやすいラインアップのため、ストレージにあまり詳しくないSIerでも選択しやすい。実際、スピード感をもった製品選択ができると、SIerの評価が高い」と、ネットワールドの宮本隆史・ストラテジックプロダクツ営業部SP2課課長はSIerにうけている理由を語る。例えば、「3万IOPSの製品が必要となれば、CS1000」というように、対応するモデルがIOPSで決まるため、製品選択に迷うことはない。

 ネットワールドでは検証施設「プリインテグレーションセンター(PIC)」でNimbleのハイブリッド製品を中心に検証を行った。「製品カタログにあるIOPSは、PICでの実検証でも確認できた。VDI環境でも、1000ユーザーならこの製品、というように、Nimbleのストレージは選びやすい」と、宮本課長はVDI環境の製品選択における優位性を説明する。

管理ツール「InfoSight」

 Nimbleのストレージがユーザーに支持される要因が、もう一つある。管理ツールのInfoSightだ。クラウドベースの管理を前提としており、ユーザー企業はウェブ経由で自社のストレージの稼働状況などを把握することができる。


 「Nimbleのストレージは内部のセンサから1秒単位の稼働データを取得し、5分おきにクラウドへアップする。得た情報から、Nimbleが健全性をチェックし、需要予測などをユーザー企業へ報告する。障害検知も早く、ユーザー企業が気づいていない段階で報告してくれる」と、宮本課長。実は、InfoSightがユーザー企業に最もうけているという。

 同様のオンラインサービスは他のストレージメーカーも提供しているが、Nimbleの強みは初号機からのすべてのセンサデータを保有しているところにある。宮本課長は、「最初から、ログを収集し、保守サービスに活用することを念頭に設計されている。ログの粒度も高く、初号機から集めたログデータは圧倒的で、他社の追随を許さない」と評価している。ユーザー企業には、InfoSight起点でNimbleのストレージを選択するケースもあるという。InfoSightは常に機能強化しているところも魅力で、2015年にはVMware環境を可視化する「VMvision」を追加した。こうした取り組みも、運用管理を重視するユーザー企業の支持を集める要因となっている。

編集長の眼 AI時代のストレージとしても期待

 IoTデバイスとしてのストレージ。Nimbleのストレージには、そのようなイメージを抱いた。データを格納する役割のストレージが、自らデータをつくってInfoSightに送信する。蓄積したデータは、サポートサービスに活用される。Nimbleは、このサイクルを最初の製品から設計に盛り込んでいたというから驚きだ。

 ITの分野で注目を集め続けているAI(人工知能)は、活用にあたって大量のデータが必要になる。これをユーザーに求めるのは、難しい。得られるデータが限られるからだ。ストレージも同じ。ログデータをAIで解析するには、データが多いほうがいい。大量のログデータを保有するInfoSightは、その点でも要注目である。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)