ページの先頭です。

2017/03/30 09:06

[週刊BCN 2017年03月27日付 Vol.1671 掲載]

Special Issue

<畔上編集長が今、いちばん気になるストレージ>連載 第7回 徹底分析 ネットワールドは開拓者だ! 仮想化環境に完全コミットTintri

 サーバーの高性能化によって、仮想化環境の導入が進んだ。処理能力に余裕ができたため、1台の物理サーバー上で複数のサーバー環境を仮想的に用意することが可能になったからだ。ハードウェア投資や設置スペースの削減など、仮想化はさまざまなメリットをもたらすが、ストレージにおいては設定や運用が複雑になるなど、課題があった。そこに着目したのが、Tintriである。

仮想化環境全体を可視化

 仮想化環境に特化した「仮想化環境専用ストレージ」。Tintriが切り拓いたストレージ市場だ。その特長について、塚田真一郎・ストラテジックプロダクツ営業部SP1課係長は、次のように説明する。

塚田真一郎
ストラテジック
プロダクツ営業部
SP1課係長
 「IPアドレスを設定するだけで、すぐに使い始めることができる。1ボリュームというシンプルな構成で、LUN(論理ユニット番号)の設定も不要。そのままストレージ上にゲストOS(仮想マシン)を立てていくことができる」。一般的な汎用ストレージでは、サーバー側の仮想化環境にあわせてLUNを設定する必要がある。Tintriでは、そうした煩雑な作業を不要にした。

 Tintriが提供する管理機能は、ストレージに限らない。サーバー(ホスト)側のCPUやメモリ、ディスク、さらにはネットワークまでを可視化する機能を備えている。「例えば、仮想化環境のボトルネックがサーバーやネットワークにあったとしても、ストレージ側で把握できる。ハイパーバイザー側でも同様の機能を提供しているが、有償なのが一般的。Tintriであれば無償で利用できる」と塚田係長。IOPSやレイテンシの推移も、仮想マシン単位で把握できる。仮想マシン単位の需要予測が可能なほか、ストレージリソースの割り当てを仮想マシン単位で動的に最適化するなど、仮想化環境を知り尽くした機能を提供する。

 塚田係長は、「仮想化環境の管理に課題を抱えているユーザーは、『Tintriのストレージを導入したことで課題を解消できた』というケースが多い。仮想マシン単位の安定性や仮想マシン単位でSLAを担保できるところも評価が高い」と説明する。ちなみに、スナップショットやレプリケーションについても、仮想マシン単位で設定できる徹底ぶりだ。


VDI Workload試験で高評価

 Tintriは、フラッシュ(SSD)とHDDのハイブリッドストレージのT800シリーズ、オールフラッシュのT5000シリーズを提供している。T800シリーズは、データ処理の99%をSSDが担うことで高速化を実現している。ハイブリッドストレージだが、オールフラッシュと同等の処理能力を実現しているのは、そのためだ。

 ネットワールドは今回、検証施設「PIC」において下位モデルの「T820」を検証した。「VDI環境において日常業務で使用する複数のアプリケーションを実行し、パフォーマンスを検証するVDI Workload試験では、T820でサポートされる「750ユーザー」を超える780ユーザーでも十分な性能を発揮した。価格帯としては、500ユーザーに対応できれば十分な製品であることから、価格性能比が高いことが実証された。また、VDI環境では多くのユーザーが利用するケースが想定されるが、仮想マシン単位で状況を把握できるため、問題が発生したとしても原因を特定しやすい」と、塚田係長はVDI環境における適性を説明する。ユーザーによって利用状況が大きく異なるため、VDI環境では仮想マシン単位の管理機能が効力を発揮する。ネットワールドは、こうした管理機能も含めて、Tintriのストレージをアピールしていく考えだ。

編集長の眼 もはや王道のストレージ

 仮想化環境専用という、捉え方によってはニッチな市場に向けたストレージを提供するTintriだが、仮想化に対するニーズは確実に拡大していくことから、もはや王道を歩んでいるといっても過言ではない。仮想化環境における扱いやすさは、他社製品を圧倒しているという。仮想化環境専用ストレージとしてスタートしたストレージベンダーはTintriが唯一であることからも、そのことは容易に想像できる。

 また、高い安定性もユーザーに評価されるポイントだという。仮想化環境での安定性もそうだが、ストレージそのものとしての評価でもある。「壊れない」と塚田係長。これぞ王道である。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)