ページの先頭です。

Catch Up Primemaker [日本マイクロソフト]

Catch Up Primemaker
Catch Up Primemaker


大塚商会、「買う」「借りる」「利用する」で新たなサーバー需要に対応、適材適所のサーバー環境の構築・運用を支援

 大塚商会(大塚裕司社長)は、システムインテグレータ(SIer)として、オンプレミス型の「買う」、ハウジングサービスの「借りる」といった従来の事業に加え、クラウドサービスの「利用する」という三つ目の提案を切り口として、ユーザー企業にサーバーを提供している。ユーザー企業のサーバー導入形態は、オンプレミス型でシステムを構築したり、データセンター(DC)事業者にアウトソーシングしたり、クラウドサービスを利用したりとさまざま。大塚商会は、ニーズに即した製品・サービスを用意することで企業の課題解決を支援している。



Windows Azure Packを使ったハイブリッドクラウド構築サービスを開始

システム構築やソフトウェア開発、プラットフォームビジネスなどを展開するビービーシステムは、今、クラウドビジネスに力を入れている。システム基盤をクラウドにするか、オンプレミスにするかで悩んでいる顧客に、Windows Azure Packを使用したハイブリッドクラウドの構築サービスを提供したり、IT資産を保有せずにサービスを利用したいという顧客に、ニーズに合ったクラウドサービスを提供したりしている。ここでは、クラウドビジネスを加速するビービーシステムの取り組みを紹介する。

 

Catch Up Primemaker
Catch Up Primemaker

▲ページトップへ戻る

 

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月25日付 vol.1638
法人向けWindows 10 搭載PCが普及へ

2016年07月25日付 vol.1638 法人向けWindows 10  搭載PCが普及へ

「週刊BCN」購読お申し込み