ページの先頭です。

2012/06/01 10:36

業界マップ ベンダーの勢力と市場がひとめでわかる

オフショア開発市場 (2012年5月)

 日本のITベンダーは、SI・ソフト開発のコストを抑えようと、オフショア開発に取り組んでいる。中国やインド、ベトナムなど、開発者の人件費が安い国に外注先をつくったり、現地に開発子会社を設置したりして、オフショア開発体制を整えている。およそ20年前から始まった国内ITベンダーのオフショア開発。果たして、現状はどうなっているのか。

2010年度は前年度比プラス

 図では、国内のオフショア開発総額を年度ごとに示した。最近の傾向をみると、2008年度までは、大手のITベンダーだけでなく、中堅規模のSIer・ソフト開発企業も積極的にオフショア開発を開始したことで、右肩上がりに増えていた。だが、リーマン・ショックの影響で、2009年度に大幅に減少。そして、直近の2010年度は、ITベンダーの業績回復と開発プロジェクトの増加に合わせて、再びプラス成長に転じた。

 

オフショア開発発注額の推移

 今後については、現在よりも「オフショア開発を増やす」という回答が59.8%、「現在と同程度でオフショア開発を継続する」が29.5%という結果が出ている。この回答をみると、増えることはあっても減少することはなさそうだ。ただ、IPAでは、「新規開発案件が従来よりも減少しており、案件が小口化している。伸びは緩やかだろう」と分析。急拡大するような状況にはならないと予測している。国内のオフショア開発額は900億~1000億円規模というのが妥当な見方だろう。

★詳細な解説記事
<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>オフショア開発 今やあたりまえの開発手段 総額は前年度比微増で約870億円 の全文を読む

※本記事は、週刊BCN 2012年5月28日付 vol.1433より一部抜粋したものです。会員登録していただくと、オリジナルの記事全文をお読みいただけます。会員登録はこちら(無料)。

バックナンバー



WebBCNはITビジネス情報に特化したサイトに生まれ変わりました!
PC・カメラ・デジタル家電の最新情報は「BCNランキング」で!

PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

週刊BCN最新号

2014年09月15日付 vol.1546

2014年09月15日付 vol.1546

出揃った国産大手ベンダーのCMP(Cloud Market Place) なるか SMBへのクラウド普及

「週刊BCN」購読お申し込み

PR

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

「BCN AWARD 2014」発表~2013年の年間No.1メーカー決定~

ITジュニアの広場

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2014年09月15日付 vol.1546
出揃った国産大手ベンダーのCMP(Cloud Market Place) なるか SMBへのクラウド普及

2014年09月15日付 vol.1546 出揃った国産大手ベンダーのCMP(Cloud Market Place) なるか SMBへのクラウド普及

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)